変形性膝関節症の歩行評価とアプローチ(全8本)

【変形性膝関節症の歩行評価とアプローチ】
(全8本)

― 「変形性膝関節症の歩行はどこを診たらいいのか?」が分かるセミナー ―
(全8章/約342分)

変形性膝関節症の歩行評価とアプローチ 動画

先生は、変形性膝関節症の患者さんの歩行を診て・・・
「なぜ痛くなるのか?」を説明 できますか?

表面的な痛みを取るだけでなく、その根本的な原因を改善するには歩行評価は必要不可欠 なものだと思います。

患者さんは普段、ベッドで寝ているだけではありません。重力の元、動いて生活しています。
そこを把握して患者さんに向き合うことは、とても大切なことだと思います。

先生はいかがでしょうか。歩行評価を治療に取り入れていますか?
それとも、局所的なアプローチのみをされていますか?

変形性膝関節症の痛みを考えた時に、実際に痛みが出ている場所、つまり局所的な原因組 織は把握されるかと思います。

そして、その直接的な痛みの原因を改善するために
物理療法や手技など、様々な方法でアプローチされているのではないでしょうか?

もちろん、最終的にはそこを改善しなければいけません。


しかし、そもそも

なぜそのような状態になってしまうのか!?

これも一緒に改善するべきではないでしょうか。

先生も気付かれていると思います。 変形性膝関節症の方を診た時に多くみられる

「O 脚」と「偏平足」のセット。

果たしてこれはなぜ多くみられるのか?

そして、

『O 脚だから偏平足になってしまうのか?』

それとも

『偏平足だから O 脚になってしまうのか?』


先生は、この「O 脚」と「偏平足」のセット。患者さんに説明できますか?

そして、それをその方の歩行に合わせ説明できますか?

「今、どこが痛い」だけではなく
「なぜ、その状態になるのか」まで説明できますか?

何度も、そしていつまでも同じ治療を繰り返すのではなく
根本的な改善が必要なのではないでしょうか?


もちろん、物理療法などで症状の改善はできるかもしれません。

しかし、その原因が変わっていない以上、
また同じ症状の繰り返しになってしまい ます。


根本的な改善を目指すには

姿勢や歩行評価が不可欠となります。

しかし、実際に変形性膝関節症の患者さんの歩行を診た時、

「一体どこを診たらいいのか?」

そんな疑問をズバリ解消するセミナーです。


一度ご購入いただいた動画は、何度でもご視聴いただける形式です。

【セミナーCONTENTS】

■膝の痛みの原因組織 『まずは、何が痛いのか?を考える』
・膝の痛みの評価と考え方 ―局所と全体、解剖と動き―
・解剖学的視点での原因組織
■膝関節アライメントの評価 『歩行時の膝はどうなっている?』
・大腿脛骨関節 膝外旋アライメントの3つのパターン
・膝蓋大腿関節
■足部・足関節からみる膝関節アライメント『歩行時の足はどうなっている?』
・下腿部の評価
・下腿外方傾斜の2つのパターン ―後足部内反/外反―
■姿勢からみる膝関節への力学的ストレス 『どんな姿で歩いている?』
・上半身重心で大別する ―後方変位/前方変位パターン―
・運動連鎖と姿勢制御
■歩行評価から考えるアプローチ 『歩行評価のコツとアプローチ』
・膝 OA と力学的ストレス
・立脚相を前半と後半に分ける
・筋機能(解剖学的)からみたアプローチ
・力学的(支持モーメント)からみたアプローチ

各 Chapter【Contents】

♦Chapter1
膝の痛みの原因組織
-評価の考え方と原因組織-
膝関節アライメントの評価
-大腿脛骨関節 膝外旋アライメントの3つのパターン-
♦Chapter2
膝関節アライメントの評価
-膝蓋大腿関節-
♦Chapter3
足部・足関節からみる膝関節アライメント
-後足部内反・外反と下腿外方傾斜の2つのパターン-
♦Chapter4
足部・足関節からみる膝関節アライメント
-足部・下腿遠位部の評価-
♦Chapter5
姿勢からみる膝関節への力学的ストレス
-上半身重心で大別する / 運動連鎖 と姿勢制御-
♦Chapter6
歩行評価から考えるアプローチ
-膝 OA と力学的ストレス / 立脚相を前半と後 半に分ける-
♦Chapter7
歩行評価から考えるアプローチ
-力学的(支持モーメント)からみたアプローチ-
♦Chapter8
動作分析からアプローチを検討する
-症例供覧-

■講師

【講師】 私たちは、普段「スペシャリストセミナー」というセミナーを開催しています。
これは「歩行・動きの中から原因を見つけ『治す』ためのセミナーです。
参考サイトはこちら→ https://arch-seminar.com/
本セミナーは、スペシャリストセミナーの講師を務める、相谷芳孝先生が担当します。

■講師紹介


【理学療法士】相谷芳孝(あいたによしたか)
あいたにインソールとからだの研究所代表
さいとう整形外科リウマチ科 理学療法士

免許取得後、総合病院にて整形外科疾患を中心にさまざまな患者さまに対応。
その中で、『唯一地面に接する足部』の重要性を感じ、インソール療法(入谷式足底板®)を学ぶ。
また、人間の最も表層に位置する『皮膚・筋膜』にも着目し、研鑚を深める(皮膚運動学、三輪書店、執筆協力)。
さらに整形外科疾患への対応を追求するため、整形外科クリニック勤務となり、プロスポーツ選手から子供・一般・高齢者の方まで幅広く対応。
現在は、クリニック勤務と並行し「あいたにインソールとからだの研究所」を設立し、代表を務める。
圧倒的な知識を基に歩行評価を行い、細部にわたり問題点を見つけ出す。
現在、スペシャリストセミナーをはじめ、数多くのセミナーの講師を務め、全国のセラピストに治療のアドバイスをしている。

 

【変形性膝関節症の歩行評価とアプローチ】

ご自身の知識の向上はもちろんのこと、スタッフの方の教育にも使える内容です。
セミナー視聴後は、周囲の先生に変形性膝関節症の歩行評価についてアドバイスで きる知識が身につくと思います。是非ご覧ください!


一度ご購入いただいた動画は、何度でもご視聴いただける形式です。


最近は患者さんが歩行の動画を送ってくる時代です。SNS などで簡単に動画が送れます。

私たちはその動画、歩行を見て、オンラインで患者さんに説明やアドバイスができます。

これからの時代には、かなり重要なスキルかと思います。
このセミナー受講後は、変形性膝関節症の歩行の「どこを診るべきか?」が分かるように なります。

そのスキルが、動画を見るだけで「なぜ痛みがでるのか」「何をしたらいいのか」を 説明できることにつながってきます。

先生も是非、時代のニーズに合わせた知識・技術を手に入れてください!

0

購入する(23,100円) 購入済の方は、ログインすると視聴できます

関連ファイルダウンロード

※関連ファイルは動画視聴可能になるとダウンロードできます

  • 変形性膝関節症の歩行評価とアプローチ.pdf(9.49 MB)